入園無料で見晴らし抜群!生駒山上遊園地

2018年11月5日

先日、生駒山上遊園地へ行ってきました。この遊園地はなんと、大人も子供も年齢制限なしで入園料が無料です。

とはいえ、乗り物は有料。下の子は4歳なので、親が付き添わないと乗れない乗り物も結構あります。

わが家流お財布に1番優しい遊び方は、子供はフリーパス、大人は回数券を使う方法。

そして、入園したらゴーカートに直行!が鉄則です。入園無料の生駒山上遊園地2

わが家の男性陣が大好きなゴーカート、開園直後に行けば2〜3回は並ばずに乗れます♪

これは14時頃の様子です↓入園無料の生駒山上遊園地3

45分待ちまで列が伸びていました。

その他の乗り物も、午前中はほとんど並ばずに乗れます♪

 

 

 

②SL列車

2周 ¥300

 

③おもちゃdeトロッコ

¥300

 

④ゴールドラッシュ急流すべり

¥500

 

⑤キッズドライブ

1人乗り ¥300

2人乗り ¥400

 

⑥メリーゴーランド

¥300

 

⑦ぐるぐるコースター

2周 ¥400

 

⑧チェーンタワー

¥400

 

⑨スインギングベアー

¥300

 

⑩ぷかぷかパンダ

¥400

 

11 サイクルモノレール

¥400

 

12 ハッピーカンガルー

¥300

 

13 ミニパイレーツシップ

¥300

 

14 ウォーターショット

¥300

 

15 おもしろ自転車

¥300

 

(飛行塔)

¥500

 

 

生駒山上遊園地へお得に行く方法

ケーブルカーとセットの切符もありますし、大阪市内からなら、
大阪市交通局一日乗車券+近鉄奈良近辺の奈良斑鳩切符が1600円。

 

乗り物の料金はだいたい¥300〜¥500円なのでフリーパスを買って元が取れるくらい遊ぶなら、気合を入れて開園時間に合わせて行くのがオススメです。

 

生駒山上遊園地の残念なところ

 

①ゴールデンウィークやお盆は混む

普段比較的空いている生駒山上遊園地でも、やはりゴールデンウィークやお盆は混雑します。

お盆はゴールデンウィークよりはましですが、それでも最大30分〜40分ほど待つこともあると思います。だいたい10分~20分待ちだと思います。

 

②冬季は休業

生駒山上遊園地の対象年齢は、小学校低学年ぐらいまでの小さい子どもがターゲットで幼児連れの家族層が多く、ゆる〜い遊園地。

 

親世代には懐かしさの残るレトロ感満載で、国立公園に囲まれて気持ちがいい素敵な場所ですが、残念なのがその名の通り山の上にある遊園地なので、冬季の間は休みに入ってしまうことです。

 

③車で行くには有料道路を通らないと行けない

生駒山上遊園地は信貴生駒スカイラインの途中にあるので、遊園地への車でのアクセスは生駒スカイライン(有料道路)を必ず通らないと行けません。

 

後はケーブルで行くか徒歩になります。

有料道路を通行する分、入園料は無料となっています。

 

しかし駐車場は有料になります。
阪奈道路の山上口から生駒山上まで往復720円、山上口から信貴山門まで抜けると1340円かかります。

 

生駒で初日の出を見るなら遊園地がオススメ!

生駒での初日の出を見るなら、生駒山上遊園地がオススメという情報がありました。とっても綺麗な初日の出を見ることができるそうですよ♪

生駒山上遊園地の乗り物料金はいくらぐらい?

生駒山上遊園地ではだいたい1回¥300〜¥500で乗り物に乗れます。

今回は、開園から14時までの滞在でしたが、乗れたアトラクションは以下の15種類。

ゴーカートに関しては連続3回乗りましたし、フリーパスの元はしっかり取れました♪

①ゴーカート【生駒山上遊園地】

入園無料の生駒山上遊園地4ゴーカート
1人乗り¥400  2人乗り¥600

結構本格的なゴーカートが楽しめます。
アクセルペダルに届くようになった身長120㎝の娘の方はパパにハンドル操作を補助してもらいながら運転することができました。

身長100㎝の息子は運転できなかったけど、隣に乗るだけでも十分楽しんでくれて、続けて2回乗りました。止めなかったらおそらく無限にリピートしていたことでしょう(苦笑)

②SL列車

入園無料の生駒山上遊園地5SL列車
2周 ¥300

娘は興味がなく、息子1人で乗りました。2周(意外と長い距離)してくれるので、シャッタチャンスも2度あり、大人も子供も満足感大です(笑)

入園無料の生駒山上遊園地6SL列車

他のアトラクションが混み始めた14時ぐらいに乗りましたが、ここは1回分見送るだけで乗れたので、見守り組の娘も退屈せずに息子が乗り終わるのを待つことができました。